【看護師転職サイト】みんなが実際に使ったBEST10をランキングで紹介!

40代看護師こそ働き方を見直すべき!辞めたいなら今しかない

  • URLをコピーしました!

この記事でわかること

40代の看護師は経験や知識もあるため、職場ではベテランと呼ばれる必要な人員となっています。

しかし、家庭の事情や体力的な理由で働き方を考え直す方も少なくありません。

職場を変えたいと考えていても、職場に迷惑をかけてしまうと思い転職に踏み出せない方もいます。

わかる、わかるよ…
20代の頃と同じように…とはいかないよね

そこで本記事では、40代看護師が転職するときの注意点を紹介していきます。

転職は勇気がいるし、今後の看護人生大きく左右される分かれ道でもあります。

この記事を読んだあなたが、これから大きな一歩を踏み出せますように。

目次

40代でも看護師を辞めたいと感じる理由

40代看護師も20代の若手看護師のように、辞めたいと感じる理由は多々あります。

ここでは、3つの理由を紹介します。

クリックして気になるところへジャンプできるよ

身体に無理なく働きたい

看護師の仕事といえば、患者さんの健康管理や処置、医師の介助などに加えて、夜勤や残業もあるハードな仕事です。

40代になると責任の多い業務も増えて残業で帰りが遅くなったり、夜勤で生活リズムが崩れたりと、身体に負担がかかっている方も多くいます。

そのため、体に無理のない働き方をするために退職を考えるということが理由の1つとなっています。

ここで定年まで働き続けるの…?とふとした時に感じるんですよね

家族との時間を大切にしたい

40代になると子育てがほんの少し落ち着いた頃ですが、それでも家族や子どもとの時間は大切にしたいです。

赤ちゃんの頃のような大変さとは違い、子どもが成長してくるとまた違った悩みもでてきます。

育児に悩みは尽きないものです

しかし、残業や夜勤があれば家族との時間も少なくなり、シフト勤務では予定も立てにくいことも。

夜勤や残業で家族との時間が減り、子どもに寂しい思いをさせていませんか?

こんな生活が続くと、家族との時間を優先したい思いが強くなり退職を考える方もいます。

子どもの成長を見守りながら、今しか過ごせない家族との時間は大切にしたいですよね。

スキルアップを目指したい

40代看護師は 、今までの知識と経験を活かして転職を考える方も多いです

  • 他の診療科で学び経験を積みたい
  • 新たに資格を取得したい

と考える方も少なくありません。

新たな環境でスキルアップを目指し、退職を考える方もいます。

とくに総合病院だと異動があります。自身が今後は「透析看護をずっとしたい」と思うなら透析センターで勤務するのも良いでしょう。

「これまでの経験や知識を活かして、訪問看護で働いてみたい」と思うなら、心機一転して訪問看護で働くのも良いでしょう。

環境が変わると気づきや学びが増えます

40代看護師はネガティブな理由で退職する以外も、自分自身がどこで看護をしていきたいか決める場面でもあります。

40代看護師でも転職できる3つの理由

40代でも転職は遅くありません。転職ができる理由は以下の3つです。

ここでは詳しく理由の説明をしていきます。 

医療現場は常に看護師が不足している

看護師が退職する理由の1つに結婚・出産があります。

看護界隈はまだまだ女性社会なので、医療現場は看護師が不足しています。

子育てしながら働くには厳しい環境ですしね

その点、40代看護師は子育ても落ち着いている方も多いため、ライフイベントでの退職は低いです。

長期的に勤務してくれることが予測できるため、40代看護師の転職はプラスのイメージとなっています。

若い看護師に比べて経験や知識が豊富

40代看護師はこれまで看護師としてのキャリアを積んできているため、経験や知識が若手看護師よりも豊富です。

「転職をするなら若いうちが良い」と考える方が多いですが、一概には言えません。

40代看護師はこれまでの知識と経験が活かされるため、現場の即戦力として採用する医療機関は多いです。

40代看護師には魅力がつまっているんだよ!!

中堅として指導や責任のある仕事を任せられる

40代看護師は知識と経験があるため、現場での即戦力だけではなく人材育成での活躍も期待されます。

現場での経験が長ければリーダーとして統率力も期待されることも。

今までの経験を活かしてほしい医療機関は多くあります。

若い看護師を育てることや、リーダー的な役割を任せられるということで活躍の場も広がりますね

40代看護師が転職の時に注意するポイント

40代看護師の転職はこれまでの経験を活かせるため、転職しても活躍できる職場はたくさんあります。

ここでは、転職の時に注意するポイントを3つ紹介していきます。

クリックして気になるところへジャンプできるよ

今の職場は円満に退職する

退職時や退職後にトラブルを避けるためにも、転職をする時は今の職場と円満に退職することが大切です。

  • 退職する意思を伝えるタイミング
  • 退職日までの仕事は責任をもって最後まで行う
  • 後輩や仲間への引き継ぎをきちんと行う

次の職場へ気持ちよく転職できるように、今の職場で最後まで丁寧に働き、円満に退職することが大事です。

医療業界は狭い業界なので、変な噂を立てられたくないですよね〜

関連記事看護師こそ円満退職したい!退職をスムーズに進める7つのポイント

転職前に次の職場は考えておく

40代看護師の転職は、長期で働くことを考えて情報を集めることも必要です。

家族がいる方は自分一人の問題ではありません。

次の職場を考えておくことで、ブランクを最小限に抑えることができ、公的な手続きがスムーズに行えるメリットもあります。

在職中の転職活動は仕事との両立で大変ですが、ハローワークや転職サイトを利用して求人情報をチェックしていくことをおすすめします

自分がやりたいことが明確にしておく

転職する理由の1つとして、自分がやりたいことを明確にしておきましょう。

明確にしておかないと、転職することが目的となってしまう可能性があります。

「スキルアップを目指している」「身体に負担のない働き方をしたい」など、はっきりとさせておくことが大切です。

今の職場に不満があっても、転職すればすべて解決するわけではありません。

自分がどうして転職したいのかをもう一度しっかり整理してみましょう。

自分のやりたいこと、優先したいことが決まっていると面接の時にアピールしやすくなります。

40代でも諦めないでOK!看護師の転職はできる

看護師という資格を持っていることで、40代でも有利に転職をすすめることができます。

20代、30代にない魅力が40代看護師にはあるんです!

  • 子育てが一段落してくれれば長く働いてくれる
  • 看護経験だけでなく人生経験が豊富
  • 看護師としての知識や技術が備わっている

40代看護師は今までの経験や知識が考慮されて、即戦力となることが多いです。

現在の職場で、身体に負担をかけながら無理をして働かなくても40代での転職は可能です。

家族のためにも、自分に合った無理のない働き方を探してみましょう。

40代看護師におすすめの転職先3選

40代看護師におすすめの転職先は以下のとおりです。

  • 訪問看護
  • 老人保健施設
  • 保育園

詳しく解説していきます。

訪問看護

訪問看護は、看護師一人で患者さんの自宅へ訪問することが多いです。

保清ケアや創傷処置、カテーテル管理など業務の幅はとても広く、知識と経験が必要となります。

しかし、基本的に日勤のみのところが多いので、仕事と家庭とのバランスを取りやすく働きやすい環境です。

訪問看護は病院とはまた違った大変さがあるけど、やりがいはめちゃくちゃある!

訪問看護ではオンコール対応があるのも特徴です。オンコール対応に不安がある方は、オンコールの有無を事前に確認することをおすすめします。

老人保健施設

老人保健施設は状態が安定している患者さんが多いため、病棟のように手術やケモ、入院処理などで忙しく動き回ることが少ないです。

病棟勤務に疲れ果てて、ゆったりと働きたい方に非常におすすめの職場です。

急変時には医師と連携して病院へ同行することもあります。

経験が少ないと判断や医師との連携も難しくなるため、今までの経験が活かされる職場でもあるね!

病院に比べると老人保健施設は残業も少ないので、プライベートの時間を確保しやすい職場です。

保育園

保育園は、子どもの健康管理や保育補助を行います。

病院や施設と違い看護師の配置人数は少なく、1人や2人の保育園が多いです。

保育園の勤務は、日勤のみで夜勤はありません。土日は基本休みですが、行事で出勤することもあります。

ほぼカレンダー通りの休みとなっているので、プライベートの予定も立てやすいです。

子どもと触れ合うのが好きな人にはおすすめだよ

私の友人も保育園に転職しましたが、医療ケアが必要な子どもも通園しているとのこと。

とくに子育て経験者の看護師は、保育園看護師としての需要があります。

求人はよ〜く見ておきましょうね!

40代看護師が転職するときに考えておくべきこと

40代で転職する場合は、安易に転職するのは避けておきましょう。

じっくりリサーチして、本当に良い職場か見極めることが非常に需要です。

その際に、下記の2つは念頭に置いておきましょう。

気になるところをクリックするとすぐにジャンプできるよ

すぐに就職しない場合は失業保険をもらおう

看護師として1年以上勤務し、雇用保険に1年以上加入している方を対象に失業保険をもらうことができます。

ただし、誰でももらえるわけではなく

  • 本人に就職する意思と能力がある
  • 積極的に就職活動を行っていること

上記2つが必要条件です。

そのため、病気や妊娠出産などですぐに働けない人は認められません。

詳しくは、看護師の失業保険はいくら貰える?知ってほしいポイントだけを詳しく解説!を参考にしてくださいね、

失業保険でもらえる金額は、退職理由や年齢によっても違うからね!

また、就職が決まると再就職手当をもらうことができます。

失業保険の支給日数にもよりますが、再就職が早いほど金額も多くもらえます。

関連記事看護師の再就職手当はいくら貰える?計算方法・貰える条件を分かりやすく解説

失業手当や再就職手当については、事前に最寄りのハローワークに問い合わせてみてくださいね。

ハローワークインターネットサービス雇用保険手続きのご案内

総合病院は夜勤があることを考慮しよう

なかには、現在クリニックや訪問看護で勤務しており、給料アップのためにも総合病院への転職を考えている地方もいるかもしれませんね。

総合病院はいろいろな診療科があり、勉強会や研修などスキルアップ体制も整っています。

しかし、看護師の業務以外にも委員会や看護研究など雑務も多いです。

また、最近は変則的なシフトがあったり、夜勤や残業もしたりと労働環境が厳しいことも。

二交替勤務ってなかなかのハードワークなんだよね…

夜勤はしたくない、残業に不安があるという方は総合病院はおすすめしません。

40代だからこそ転職は慎重に。給料だけで選択しないように注意してくださいね。

まとめ:行動するなら早いもの勝ち!でも慎重に転職先は選ぼう

40代看護師は経験・知識の豊富さもあり、転職は難しくないことを紹介してきました。

管理職や若手育成のためにも職場では求められる人材です

  • 医療現場は常に看護師が不足している
  • 若い看護師に比べて経験や知識が豊富
  • 中堅として指導や責任のある仕事を任せられる

40代だから遅いということはありません。

しっかりと自分が辞めたい理由と向き合い、新しい職場を探してみましょう。

働き方を見直して、自分に合った職場で活躍することは、この先働いていくために大切なことです。

これから50代になると、転職はぐっとハードルが高くなります。

40代の今だからこそ、行動することが大切です。

でもね。何度もお伝えしますが、転職は慎重に!

色んな情報を得ながら、よく見比べて、よく聞いて。後悔がないようにしてください。

情報をまず得るなら転職サイトを使うのがおすすめです。

ぜひ、こちらの記事も参考にしてくださいね。

転職サイトをこんなふうに捉えていませんか?

  • 連絡がしつこい
  • 転職しないと絶対ダメ
  • 転職サイトはどこを選んでも一緒

私がおすすめする転職サイトは電話以外でやりとり可能!
だから忙しいママにピッタリなんです

\ 子育て中でも良い職場へ転職できる/

\ これ見ないと損するかも?! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

安易な転職で病院事務員として働き始めて7年。病院で働く大変さを身をもって絶賛体験。病院事務員目線で、転職サイトとの付き合い方や対処方法をお伝えします。
【経歴】大学卒業➔製薬会社➔病院事務(医事課)➔医事課長➔人事課長

コメント

コメントする

目次