看護師の再就職手当はいくら貰える?計算方法・貰える条件を分かりやすく開設

この記事を書いた人

カンイクの管理人

看護師歴18年・転職3回経験あり、現在フルタイムで働きながら子ども3人子育て中。当サイトでは看護師と育児の両立ができるよう、ママ看護師の働き方について発信しています。

再就職手当って実際いくら貰えるの?
いつ頃入金するのかな…?

こんなお悩みを解決します。

失業保険を受給中に就職が決まると、再就職手当をもらうことが出来ます。

ようは就職お祝い金ってことです。

でも失業保険を受給していたら誰でも貰えるわけではないので注意が必要です。

そこで今回は

本記事の内容
  • 看護師の再就職手当の計算方法
  • 再就職手当の受給時期
  • 再就職手当がもらえる条件

について、分かりやすく説明いたします。

この記事を読むことで、再就職手当がいくら貰えるか知り、あなたもきっと早く再就職したい!と思えるはずですよ。

かな

再就職手当は、早く再就職すればその分もらえる金額も多くなるからね!

記事は1分前後で読めるので、ぜひ最後までどうぞ!

転職の流れについては「子育てママ、初めての転職でも大丈夫!看護師の転職方法」の記事をご覧ください。

目次

看護師の再就職手当はいくら貰える?

再就職手当いくら?

再就職手当の算出方法、受給時期について説明していきますね。

再就職手当の計算方法

再就職手当は以下の計算式で求めることが出来ます。

再就職手当=支給残日数×基本手当日額×給付率

支給残日数や基本手当日額をおさらいしたい人は、【看護師の失業保険】知ってほしいポイントだけを詳しく解説!をどうぞ。

給付率は失業保険で支給されている残りの日数で決まります。

給付率
  • 支給残日数が3分2以上:0.7
  • 支給残日数が3分1以上:0.6

※支給残日数3分の1以下は再就職手当もらえません!

では例を使って実際の金額をみていきますね。

再就職手当例1
かな

支給残日数がたくさん残ってる場合は、給付率が0.7
だから210,000円も再就職手当もらえるんだね〜

次の例はこちら

再就職手当例2
かな

支給残日数が残り少ないと、給付率も0.6
さっきの例より再就職手当は半分もないよ…

比較して分かるように、再就職が早いほど再就職手当は多くもらえます。

でも正直、自分で計算って面倒ですよね。

下記の再就職手当の計算方法を使うと値を入れるだけですぐにわかりますよ。

>>再就職手当の計算方法はこちら

簡単なのでぜひ使ってみてくださいね!

再就職手当の受給時期

再就職手当いつもらえる?
かな

再就職手当で貰える金額は分かったけど、手元にいつ入ってくるか知りたいですよね!

実際に再就職手当がもらえるのは、

再就職が決まって、ハローワークに報告をしてから約1ヶ月後です。

ハローワークに報告すると再就職手当に関する書類が自宅に届きます。

その書類を提出して1週間以内に振り込みがありますよ。

再就職が決まったら、早くハローワークに報告することが大切

ちなみに就職先を見つける方法は4つ

  1. 看護師の転職サイトを利用
  2. ハローワークの利用
  3. 知人や友人の紹介
  4. 自分で病院HPで求人を探し応募

ハローワークを利用するメリット・デメリットはこちらをどうぞ

転職サイトを利用するメリット・デメリットはこちらの記事を参考にしてください

再就職手当がもらえる条件とは

再就職手当もらえる条件
かな

再就職手当は誰でも貰えるわけではありません

再就職手当を受給できる条件
  • 待機期間(7日間)を過ぎている
  • 雇用保険の被保険者である
  • 失業手当の支給残日数が3分の1以上ある
  • 退職前の職場及び関連会社に、再び雇用されていない
  • 1年以上勤務することが確実
  • 過去3年以内に再就職手当、常用就職支度手当を受給していない
  • 再就職手当の支給決定日まで退職していない
  • 自己都合の退職より3ヶ月の給付制限がある場合、1ヶ月目はハローワークもしくは転職サイトの紹介で就職すること

以上、8つの条件を満たしていることが必要です。

けっこう厳しいのね…

再就職手当はもらわないと損!

再就職手当のまとめ

失業保険をダラダラと受けるより、早めに再就職先をみつけるほうが再就職手当も貰うことができて、新しい職場から給与が得られます。

再就職手当をしっかり受け取り、損しないようにしましょうね。

かな

さいごにまとめだよ〜
もう1回復習しよう

再就職手当の計算方法は

再就職手当=支給残日数×基本手当日額×給付率

再就職手当の受給時期は

再就職が決まって、ハローワークに報告をしてから約1ヶ月後

再就職手当を貰える条件はこちら

再就職手当を受給できる条件
  • 待機期間(7日間)を過ぎている
  • 雇用保険の被保険者である
  • 失業手当の支給残日数が3分の1以上ある
  • 退職前の職場及び関連会社に、再び雇用されていない
  • 1年以上勤務することが確実
  • 過去3年以内に再就職手当、常用就職支度手当を受給していない
  • 再就職手当の支給決定日まで退職していない
  • 自己都合の退職より3ヶ月の給付制限がある場合、1ヶ月目はハローワークもしくは転職サイトの紹介で就職すること

すべて条件は満たす必要があります。

かな

再就職手当って難しいかもしれないけど、きちんと学んで損しないようにしまようね!

30代で転職って遅いかも…?と転職に踏み切れないあなたは、ぜひこちらの記事もご覧ください

転職サイトってこう考えていませんか?

  • 連絡がしつこい
  • 転職しないと絶対ダメ
  • 転職サイトはどこ選んで一緒

私がおすすめする転職サイトは、どれも電話以外でやりとり可能!

\ 子育て中でも、今より良い職場へ転職できる/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる